楽しむ

講師

高校生や中学生の通信教育を選ぶということも大切なことです。
もちろん、学生の本分は勉強ですが、それ以上に楽しんでいなければ意味がありませんので、モチベーションを失くさないような勉強方法を見つける努力をしていきましょう。
Read more

準拠

本

高校生や中学生にとって、学校で勉強したことは一番フレッシュで新鮮な勉強というものですが、これは通信教育でも同じことがいえます。教科書準拠というものは、浸かっている学校の教科書の内容と沿っている教材というもので、学校で勉強した内容と似たものが復習できます。ですので、これは今日やったところだ、という気ずきもうまれますので、相乗効果で学力が身に付くこともあります。
難関の大学や高校に行きたいと思っている子供に対しては、教科書準拠のものではなくて、あえてまだしていない事を指せることで、受験向きの勉強ができます。ですので、学力と学習習慣というものは表裏一体ですので、どのようにすれば効率的に勉強ができるのか、そういった環境を考えていくのも大切なことです。
Read more

コスト

ソファ

そういった面でも、通信教育の教材を比較をしていくということは大切なことです。
資料請求をしたあとには、子供の特徴や趣向によってもその教材選びをしていくといいかもしれません。高校生や中学生に勉強を教えるということで一番大切なことは、如何にやる気を出させるのかということです。
加えて、金額で選ぶということも勿論重要です。家計や予算というものがあるでしょうから、受講費や会費というものがとんでもなく高いところや手が出ないところにはなかなか買っても続けることができません。通信教育というものは、卒業まで続けることが大事なものですから、そのランニングコストを考えてすることが大切です。… Read more

両立

勉強

高校生や中学生の通信教育の教材を選ぶポイントとして、まずは目的や目標を決めるということ。そしてその次には、添削があるのかないのかということを見るということ。さらには、教科書の準拠というものがあっているのかという所で選ぶことが大切ということを言いました。例えば教科書に沿っていない内容でも、学校では習っていない内容を勉強することができますので、それもまた大切なことです。
次には、現在習っている学習塾や教室、その他には家庭教師といった勉強方法を取り入れているところがあるかもしれませんが、そういったところの教材との両立をしっかりと勉強して学ぶという事です。両立はかなり難しいとも言われているのですが、出来るのであればしたほうがいいかもしれません。無理にどちらもすると、子供の負担になってしまうこともありますので、注意が必要です。… Read more